ダイヤモンドの価値基準4cってなに?

4cとは、ダイヤの価値を決める4つの要素の頭文字です

ダイヤモンドは指輪やペンダントトップ、ピアスなど様々な装飾品に用いられています。一般に良く知られているのは重量(Carat)ですが、同じカラット数でも他の3つの要素でその値段は2倍から5倍ほどの差が出ます。
まず、カット(Cut)という基準があります。ExcellentからPoorまでの5段階があり、表面の研磨の具合や対称性で評価が決まります。次に、透明度(Clarity)という基準があり、FLからIまでの5段階で評価されます。FLは石の内外に不純物や曇りが全くないもの、Iは肉眼で不純物が発見できるものです。最後に、色(Color)があります。DからZまで23段階に分けられます。Zに近づくにつれて黄色味を帯びてきますが、イエローダイヤモンドとは全く別の概念です。どの基準が一番重要、という訳ではなく、これらの基準で総合的にダイヤモンドの価値が決められます。

買取を依頼する際は専門性の高い業者や宝石商に

ダイヤモンドの価値基準は4つあります。これが金やプラチナになると価値判断は重量と純度しかありません。ダイヤモンドでいうCaratとClarityのみです。これは金やプラチナは溶解させてアクセサリーなどの原材料にするからです。しかしダイヤモンドは買い取ったものをそのまま使って新しいアクセサリーを作ることが多く、材料としてだけの評価とは意味が全く異なるのです。そのため、お持ちのダイヤモンドの美しさを正しく評価してくれる業者を選ぶ必要があります。それは宝石の買い取りを中心に行っているかどうかで判断がつきます。様々な買取品目がある中でダイヤモンドを買い取る業者はCaratだけを重視します。
大事にしてきた宝飾品ですから、宝飾品ならではの評価を行ってくれる業者に依頼しましょう。

© Copyright Diamond Types. All Rights Reserved.